FC2ブログ

賃貸管理、空室対策あれこれ日記

株式会社エスワンプラス~札幌でアパートマンションの管理会社を営む新米社長の思うこと、いろいろな出来事を書いていきます。

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

貧困や病気などによるアパート内の死亡事件

1月の末、札幌市白石区のアパートで40代の姉妹が餓死、及び凍死する事件がありました。

賃貸管理会社に勤めていると、アパート内で亡くなる方に出くわすケースは、珍しいことではありません。
事実私にも経験があります。

オーナーさんや同じ建物の入居者さんにとってもショックな話ですし、こと収益物件としての経営を考えた場合、このような事件は大きなリスクとなります。

ただ、そんなことよりなぜこんなことが起きるのか、物事の本質を考えなければこれからの時代、ますますこういう悲しい切ない事件、事故が増えていくと思います。
先日もある家賃保証会社の担当者さんとお話したときも、「本当に助けが必要な」(中には保護受けることが目的である方に対する皮肉をこめて)生活保護の方などが自分の現状を病んで自殺するリスクが高まることを予想して、審査を慎重にしているという話もチラッと聞きました。

ひとことで地域と行政が一丸となって、なんてもっともらしいことはいくらでも言えますが、それを実現しようするには何をどうすればよいのか正直なところ想像すらできません。

当社では、そんな悲しいことが起きないように、体の悪い方や、高齢の方のお宅には、定期的に訪問して声掛けをするようにしています。それが解決になるとは思いませんが、今やれることをやっていこうと思います。

それにしてももっと早く気づけなかったかのかな・・・。
スポンサーサイト

| 時事 | 16:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。